魚釣りという身近でお得な遊び

「魚釣り」、好きな方も多いことと思います。

私も下手ですが、大好きです。

最近、妙に慌ただしくて、

「釣りにでも行こうかな」と思えるほどの休みがないのですが、

それでも、機会があれば…と、密かに時を狙っているのです。

子どもの頃から親に連れられて楽しんだもの、それが釣りでした。

それは、釣り堀だったり岸壁だったりするのですが、

朝、車に乗って家を出る段階からワクワクしていました。

幼い頃は、自分用の釣り竿なんてありません。

父や母の釣り竿を持たせてもらう、

あるいは「これ見ててね」と言われ、じっと見る。

それだけだったのですが、釣り場で楽しく過ごしていました。

だから初めて「この竿を使っていいよ」と、

竿を渡された時は、心の底からに喜びました。

入門用キットにでも入っていそうな、チープさが目立つ竿ですが、

それでも自分専用ロッドです。

ちょっと大人になった気分・釣り師になった気分だったのです。

海が近かったことは、それだけ釣りに行く機会も多かったのです。

朝早く起きるのも、釣りに出かける時だけは苦になりませんでした。

そしてあの頃のワクワク感を思い出すと、

いても立ってもいられなくなり、

次の休みは釣りに行こうかな?と、考えずにはいられなくなるのです。